ぎっくり腰から早く回復するために

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は「急に発生した腰の痛み」の総称です。

ぎっくり腰は何か重い物を持った時やくしゃみをした時など、急に力が入った時になってしまうことを想像する方が多いと思います。

 

しかし中には朝起きたら痛くて動けないといった、動きや力の入りに関係なくなってしまう方もいます。

 

どちらも私たちの中ではぎっくり腰で、医療機関では「急性腰痛」と言われています。

 

痛みというのは花粉症の例えと似たような感じで…

痛みというコップがあったとして、日常生活による負担などが溜まって溜まって溢れてしまった時に初めて痛みを感じます。

しかし初めて痛みを感じるとは言え、その前に腰に違和感や筋肉のハリ感がある方がほとんどです。

 

例えば

前かがみになった時に痛くなった。

重い物を持ち上げた時に痛くなった。など

ぎっくり腰のあるあるシチュエーションですが、この動作は痛くなった「きっかけ」であって、原因ではないんです。

ぎっくり腰の原因は?

ぎっくり腰はあまりにも強烈な痛みのため、安静にしておくのが一番良いと言われることも少なくないですが、的確な施術をすることで痛みから早期に解放されますし、再発してしまうリスクも下げることができるというのが現実です。

 

その為にはまずぎっくり腰の状態と原因をしっかりと見極めないといけません。

ぎっくり腰はただ腰周辺を施術すればいいものではなく、下手に施術するとかえって痛みが強くなる場合があります。

 

ぎっくり腰は状態によって施術をしていい箇所と施術をしてはいけない箇所に分かれています。

 

今まで多くのぎっくり腰の方を診てきた経験から…

ぎっくり腰は体を支えるための筋肉が緩んでしまっている(力が抜けてしまっている)ことが原因になっていることが多いです。

 

イメージ的には腰の筋肉がガチガチに固くなって結果痛くなってしまったという感じですが、実際はその逆のパターンが多いんです。

 

このような場合、最優先の施術は緩んでしまっている筋肉に、しっかりと力を入れさせる為に簡単なトレーニングを入れるという事になります。

 

ぎっくり腰の状態で「トレーニングなんてできるか!」と思う方も多いと思いますが、以外とできるトレーニングがあるんです。

もちろん状態によってトレーニングの強度は調整していきます。

 

仮にトレーニングをせずに腰のマッサージから行った場合

マッサージの本来の目的は筋肉を緩めることです。

元々力が入りにくくなってぎっくり腰になってしまったのに、マッサージでより筋肉を緩める結果になるので、痛みが増したり、立てなくなったりすることが多々あります。

 

恥ずかしい話ですが、私も駆け出しの頃、数人一時的に立てなくしてしまったことがあります…

ぎっくり腰に対しての正しい施術方法

三郷駅前はりきゅう整骨院では、まず状態を確認し、トレーニングの実施状況をみて、どこまで施術が可能なのかを見極めます。

 

よくぎっくり腰は骨盤のゆがみや姿勢の悪さが原因だと言われることが多いんですが、三郷駅前はりきゅう整骨院では骨盤のゆがみは結果であって原因ではないと考えています。

 

特にぎっくり腰の場合は、痛みが強いため、その痛みから回避するために、あえて姿勢をゆがめている方もいます。

そのような場合、無理に姿勢真っすぐに整えてしまうと痛みが強くなってしまいます。

 

まずは強い痛みを落ち着かせることが最優先になりますが、その後は

・硬くなった筋肉や関節にはマッサージや可動域回復訓練

・弱くなった筋肉にはトレーニング

・ゆがんだ姿勢には骨格矯正

というような形で施術を進めていきます。

 

骨格や筋肉の機能を正常な状態をしっかりキープすることができれば、ぎっくり腰になりにくい体を手に入れられます。

 

よく「ぎっくり腰はクセになる」と言われています。

これはちゃんとした施術やトレーニングという対策をせずに、自然と痛みがなくなってしまった場合の話です。

 

ちゃんとした対策をとれば、クセになることはありません。

実際に当院に通われている方からも定期的にメンテナンスを行うことで「ぎっくり腰になる回数が減った」「ここ数年ぎっくり腰になっていない」という声が上がっています。

 

ぎっくり腰は強烈な痛みに襲われるが故に、不安な事も多いと思いますが、適切でかつ早期に対処できれば、そこまで怖いものではありません。

もしもの時は三郷駅前はりきゅう整骨院までご相談ください!

 

また今現在ぎっくり腰ではなくても、過去に何度もぎっくり腰を起こしたことがある。毎年決まった時期になってしまう。という方も是非一度ご相談ください!

三郷駅前はりきゅう整骨院